慶應義塾大学病院

FireShot Capture 125 - 慶應義塾大学病院 - http___www.hosp.keio.ac.jp_

多くの人の症状や不安について対策を講じている

慶應義塾大学病院は、かの有名な慶應義塾大学の病院です。
様々な患者に対応しており、一日に対応している患者の数は、実に平均して約3000人となっており、外来患者だけでこの数字を記録しています。
病院にとっては、患者が減ってくれることが嬉しいことですが、この実績を活かし、病気への対策や研究がさらに進められています。

また、安心感や納得感にも重きを置いており、患者とのコミュニケーションもしっかり取っているのが特徴です。
説明だけ長々とするだけではなく、患者の方の声に耳を傾けて、それぞれの症状や不安について対策を行っているのも特徴です。

そういった細かな気遣いや対応のスムーズさに定評があり、多くの方が利用するに至っています。
また、患者が中心となって、チーム医療を進めるなど、病院全体が患者目線での考え方と持っているのも特徴の一つです。
進化している医療の現場の最先端を進んでいるのが慶應義塾大学病院なのです。

双方向のコミュニケーション

慶應義塾大学病院では、患者とのコミュニケーションを重視しているのが特徴となっています。
信頼関係を築けるよう、双方向でのコミュニケーションが行われています。
病院と聞くと、医師や看護師が一方的に医療を進めてくれる場としての認識が強いという方も多いですが、患者が積極的に質問できたり、医師や看護師を頼ったりできる環境です。

それによって、相互の信頼関係が生まれ、病状の把握や治療への積極性にも関わっています。
より患者の立場に立ち、最先端の医療を提供するのが慶應義塾大学病院の特徴です。

病院内の全職員が患者の病気に対する不安や疑問を解消し、それぞれが患者の心境を読み取れるような環境作りにも力が入っています。
これこそ、医療の新しい形と言えるのではないでしょうか。

早期発見・早期治療

慶應義塾大学病院では、早期発見・早期治療の重要性についても強い思いを持っています。
現代の医療であれば、早期発見・早期治療できれば多くの病気は治すことができます。
日本人の死因の中でも特に多いガンなども、早期発見することによって、治療を早く済ませることも可能です。

そういった早期発見と早期治療の重要性を説き、患者自身が早めに病院に訪れる環境づくりを目指しているのも特徴です。
病気は早く見つけて治せば、完治できる可能性も極限まで高めることができます。
以下に慶應義塾大学病院の特徴について掲載されています。
>>知ってほしい慶應義塾大学病院 | 慶應義塾大学病院

それぞれ患者自身の意識を高めることも重要ですが、まずは職員全員が病気に対する意識を持つことで、よりスピーディでスムーズな対応が進められています。
慶應義塾大学病院の医療は、最新の研究のもとに完成してきたものなので、その効果も大きく期待できます。