神戸市立中央市民病院

市民からの厚い信頼

神戸市立中央市民病院は、神戸の地域に根差して医療に貢献している病院です。
基本理念をしっかりと持っており、地域医療に貢献するため、医療の質の向上に力を入れている病院の一つとなっています。

医療の質の向上ため、高度医療を進めると共に救急医療や教育・研究機能の充実にも力を入れています。
その効果もあり、医療としての質は着実に向上している病院で、神戸市民からの信頼も厚い病院となっています。

その他、患者サービスへの向上を目指すことなどにも力を入れており、患者に対しての医師や看護師の対応力などにも魅力があります。
患者の方が抱いている不安や疑問、痛みを同じ立場から理解し、早急な治療と確かな対応を見せるのが神戸市立中央市民病院となっています。

近年は他の医療との繋がりも強くなってきており、神戸各地域の保健や医療、福祉機関と連携を強めています。
それも神戸市立中央市民病院の特徴の一つとなっています。

診療の質の向上

診療に関しては、常に向上を目指しているのが神戸市立中央市民病院の特徴です。
その一環として行われているのが臓器別・疾患別専門医を配置するチーム診療です。
それぞれの医療のスペシャリストがチームとなり、それぞれの臓器別・疾患別に治療を進めていく方針があります。

だからこそ、より高度で専門的な総合医療体制が整っており、それぞれのセンターなどが配置されるに至っています。
神戸市立中央市民病院に配置されているセンターは、循環器センターや消化器センター、脳神経センターなどがあり、それぞれの分野に特化した医療が進められています。

より高度な先進医療を進めるための研究なども行われており、着々とそれぞれの部門が発達していっています。
最新機器を使った医療が促進されており、近年より多くの患者に対応できるようになっているのも特徴の一つです。

患者サービスの質の向上

神戸市立中央市民病院では、患者サービスの質の向上にも力を入れています。
患者の方の立場に立ち、その方が抱いている不安や痛み、疑問を取り除いてから治療に臨むようになっています。

そのためのインフォームドコンセントも充実しており、より医師や看護師が患者に対するサービスを向上させようと動いています。
インフォームドコンセントというのは、説明と同意という意味があり、しっかり患者の方に理解していただいた上で治療に入っていくという意味です。

こういった細かな対応があるからこそ、患者の方は安心して治療に励むことができます。
病院のイメージを改め、より利用しやすい機関としての成長が進められているのです。
今後も神戸市立中央市民病院は、病院側と患者側の立場から医療貢献をしていくことでしょう。