名古屋市立大学病院

FireShot Capture 124 - 名古屋市立大学病院|愛知県名古屋市瑞穂区 - http___w3hosp.med.nagoya-cu.ac.jp_

地域医療の発展

名古屋市立大学病院は、名古屋にある大学病院の一つで、高度な先進医療を提供することなどをもとに地域医療の発展に努めている病院です。
先進医療はもちろん、倫理を重んじる医療となっており、利用する患者の方の立場に立った医療を進めているのが特徴となっています。

地域の中核医療機関としての活躍が目覚ましいこともあり、地域医療の発展に貢献しているのが特徴となっています。
医療業界というのは、どうしても人が多い中心地に集まってきてしまうという傾向がありますが、各地方都市での病院のあり方についても重要な機関です。

この名古屋市立大学病院は、名古屋という地域に密着することで、この地域の医療の発展に貢献しています。
また、市民の健康と福祉を増進させる存在として、重要な役割を担っている点にも定評があると言って良いでしょう。
今後も、より地域の医療を発展させるべく、大学病院としての地位を確固たるものとして活躍していく病院だと考えられます。

患者の権利

名古屋市立大学病院では、患者の方に対して権利を主張しています。
一つが「良質の医療を受ける権利」というもので、患者が質の高い医療を平等に受ける権利を指しています。

二つ目の権利としては「情報を知る権利」となっており、病院側は患者の方に対して様々な情報を開示しています。
また、疑問に思うことなどは、しっかりとした説明などで解消するなど、インフォームドコンセントなどにも力を入れているのが特徴です。

三つ目の権利が「選択の自由の権利」で、自身が受ける治療について選択する権利があることを主張しています。
四つ目が「自己決定の権利」で、治療などについて患者自身が自分で決定する権利を持っていることとなっています。

そして最後が「機密保持を得る権利」です。
これは、患者のプライバシーを守り、個人情報をしっかりと管理するための権利です。
このように名古屋市立大学病院では、患者が持つべき権利を大切にしています。

誰もが安心して受けられる医療

患者の立場に立った医療を心掛けていることから、患者重視の医療が行われていることが見て取れます。
それは、地域医療を発展させていくために必要なことであり、患者自身の意見や主張をしっかりと守っていくべきだと考えているからこその考え方となっています。

実際に病院側の医師や看護師は、患者の疑問や不安を聞き、それに対しての真摯な対応が行われています。
それによって、患者の満足度も高まり、結果的に地域医療の発展にも繋がっていくという好循環が生まれているのです。
今後も名古屋市立大学病院は、名古屋を中心にした、地域密着型の病院として市民の健康を守っていくことでしょう。