聖マリアンナ医大病院

医療と癒し

聖マリアンナ医大病院は、キリスト教を重んじている病院の一つで、生命の尊厳を持ちながら、キリスト教の愛の精神を基調としている病院となっています。
病める人を癒すことに力を入れており、治療はもちろんですが、患者の心や精神的な部分に関しても丁寧に接することに力が入れられています。

病院のあり方を考えた時、この聖マリアンナ医大病院のような病院があれば、より患者の立場で考えられるようになるのではないでしょうか。
根本的に病院というのは、ただ治療をすれば良いというものではなく、患者をいかに癒すかという点が重要になってくるものと言えます。

聖マリアンナ医大病院は、医療において重要な「相手を愛し、癒すこと」をテーマに治療に励んでいるのです。
もちろん他の病院も治療は行っていますし、患者に対して優しさも提供するような場が多くなってきています。
その根源となっている病院の一つが、聖マリアンナ医大病院などの愛や精神を重んじる病院と言えます。

キリスト教の精神

キリスト教の教えの中でも、特に強調されている面が「隣人を愛すること」です。
愛という曖昧な表現の中にも、隣人としての愛を重んじるという考えがあります。
それが根強く残っているのが聖マリアンナ医大病院の特徴です。

ここでいう隣人とは、患者のことでもあり、働く職員のことでもあります。
それぞれが気持ち良く過ごせて、なおかつ意思疎通も簡単という環境作りがなされているため、医師や看護師にとっても情報交換も容易なものとなっています。

患者に対する愛はもちろん、職員同士も愛を重んじているからこそ、思いやりのある医療の提供ができるのではないでしょうか。
最終的に治療するのは医師だとしても、看護師のサポートが無ければ病院は成り立ちません。
薬剤師の薬が無ければ成り立ちません。
そういった意味では、連携力の強い病院の一つと言えます。

インフォームドコンセント

聖マリアンナ医大病院が重視しているのが、インフォームドコンセントです。
インフォームドコンセントとは「説明と同意」という意味となっています。
つまり、医師は患者に対してしっかり説明し、その内容に理解かつ同意した上で治療を行っていくというものです。

このインフォームドコンセントがあるからこそ、患者自身が判断して医療を進めていくことが可能となっています。
不安なことがあれば、すぐに医師などに質問できる環境のため、患者としても嬉しい点が多いです。

聖マリアンナ医大病院の大切にしているインフォームドコンセントは、医療の最適化だけでなく、患者自身の心の整理などにも役立っています。
今後もインフォームドコンセントを重視する病院は、さらに増えていくことでしょう。