総合南東北病院

オープンシステムを採用

総合南東北病院は、地域密着型の大型病院であり、地域の医療貢献への想いが強い病院となっています。
その特徴的なのは、開放型病院としての位置づけです。
総合南東北病院はオープンシステムを取り入れることによって、各病院との連携を強める運動を行っています。

それによって、患者の方をいかにスムーズに治療していくのかについて常に検討されています。
患者にとっては、最適な治療の場をすぐに見つけることができて、なおかつ地元で治療を済ませることができるということで、嬉しい事ばかりです。

総合南東北病院では、常にチーム医療を行うことを意識しており、それぞれの病院が入院から通院を手助け、診療所や医院などの小中規模の病院とも繋がっています。
小さなクリニックなども繋がることで、よりコンパクトな医療が可能となっています。

大型病院だからこその繋がりの強さを活かして、細かなフォローができる体制を整えているのです。
実際に患者にとっては、最適な医療を実現できるためメリットも多いです。

24時間体制

多くの病院が導入しているシステムですが、総合南東北病院もまた24時間体勢で病院が運営されています。
入院患者はもちろん、緊急の患者が来ても良いように、常に医師や看護師が在籍しているのが特徴となっています。

病気というのはいつ発症するかもわかりませんし、いつ深刻になるのかもわかりません。
だからこそ、病院でもすべての人を把握しきれないからこそ、常に万全の状態を保っているのです。
もちろん入院患者などの管理もしっかり行われており、24時間体勢で運営が行われています。
職員は夜勤があることもあり、「大変な思いをしているのではないか」と思う方も多いですが、夜勤明けは休日になるなど、働く側への配慮もされています。

地域支援病院としての立ち位置

総合南東北病院は、福岡県認定の地域支援病院となっています。
地域医療に貢献するための病院として認可を受けているからこそ、より幅広い医療の展開が可能となっているのです。

実際に地域支援病院として、それぞれのクリニックや医院、診療所との連携も進めています。
それぞれの病院と連携し、紹介状などへの対応もしっかりと行っています。
一つの病院で一つの地域を補うのではなく、一つの地域を複数の病院が連携することによって、地域医療の活性化が進められているのです。

今後も病院を利用する方は増加すると考えられるため、特に高齢者の方に対する医療の充実が進められています。
先進医療設備も設置されていることから、質の高い医療を提供しているのが総合南東北病院と言えるでしょう。
より一層医療のあり方が求められる世の中で、確かな地域医療の発展に貢献しているのが 総合南東北病院です。