ドクターヘリ

ZUB899_heri-thumb-815xauto-16176

テレビドラマなどでも見かける

近年、ドクターヘリが注目されるようになり、聞いたことがあるという方も多くなってきたのではないでしょうか。
テレビドラマなどでも取り上げられるなど、その注目度は大きくなってきています。
しかし、そもそもドクターヘリというものについて知らないという方も多いです。

ドクターヘリというのは、救急医療用ヘリコプターとも言われており、緊急で救助が必要な場合や医療が必要な場合に出動するヘリのことを言います。
2011年の東日本大震災などの時も活躍し、世間でもその重要性が認知されるようになってきました。

今後、さらなる技術開発により、利用しやすいものとなれば医療の発展にも繋がっていきます。
緊急事態などに備えることもできるため、今後の日本社会には必要不可欠なものとなっていく可能性が高いです。

日本はさらなる高齢社会となってきているため、様々な救急処置が必要となることも増加していくと考えられます。
そういった中で、いかにドクターヘリを活用していくのかという点に注目が集まりそうです。

ドクターヘリのメリットとデメリット

そもそもドクターヘリの何が良いのかわからないという方もいるかもしれません。
第一に良い点としては、空から空輸が可能ということです。
例えば東日本大震災のように、陸路が断線していたり、移動が困難な状況になっていたりする場合があります。

そういった時ドクターヘリだと、何にも影響されることなく輸送が可能となります。
救助できる場所や地形などにも左右されにくいことから、汎用性の高さに関しても注目が集まっています。

デメリットとしては、まだまだ利用できる病院などへの一般化が浸透しきっていないことと、鳥類などと衝突する可能性があるという点、天候などによっては飛行できないことがある点などです。
今後はそれらの対策もすることで、より使いやすく世の中の役に立つドクターヘリが増えていくことでしょう。

今後のドクターヘリについて

今後、ドクターヘリを利用する病院などは増加していくことと考えられます。
ただ、様々な観点から見てみると可能性は十分であるものの、なかなか実用化できる病院が多くないという点がネックとなるかもしれません。

総合病院や大学病院などの大きな病院の場合は用意できるのですが、それ以外の病院ではドクターヘリに対応できないなど、まだまだ解決すべき問題はあると言えるでしょう。
ただ、今後の災害などの際には、十分活躍できるところまで開発が進められています。

実用性が高くなり、どのような病院でも利用できるようになれば、日本の医療はさらなる進化を遂げると考えても良いでしょう。
これからのドクターヘリの活躍に期待が寄せられています。