ドラマのロケ地

撮影が行われるまで

日本のテレビドラマや映画は、良く病院などが舞台になることがありますよね。
中には「この病院知っている」というものまであるかもしれません。
しかし、そういった病院はどのようなドラマのロケ地となっているのでしょうか。

病院が舞台となって、「普段使っている入院患者などはどうなっているのだろうか」「医師や看護師は撮影の間何をしているのか」と考えている方も多いです。
実際にドラマの舞台として使われる病院は、本当に様々な選ばれ方をされています。

選び方の基準としては、ロケハンが簡単な東京周辺などに比較的多く集まっています。
東京にはテレビ局なども多い為、ロケが比較的簡単な地域の病院が選ばれることが多いのです。

また、病院のデザインなども実は大きく関係しています。
建物に特徴がある病院などは、比較的ドラマのロケ地としても使われることが多いです。
あとは病院側の承諾など取り、それによって撮影が開始されます。

ドラマのロケ地となった病院

ドラマ「DOCTORS最強の名医」や「コードブルー」などのロケ地として使われた病院が東京にあります。
その病院の名は、東京女子医大八千代医療センターです。
ドラマでは、それぞれの医療シーンを撮影するために、それぞれの病院の設備などを把握し、そこからドラマの撮影に入っていきます。

もともとドラマは脚本や台本があり、それらに合わせて、ピッタリな病院を見つけるところから始められるのが普通です。
その作品に合う病院があれば、アポイントを取り撮影開始となります。

場合によっては夜間に撮影したり、昼間のシーンを撮影したりすることなどは極力患者に迷惑のかからないように撮影することがマナーです。
撮影する側にとっても、より病院としての雰囲気を出すために、ある程度の役者を織り交ぜながら撮影に挑んでいます。
他にも帝京大学医学部付属病院などがロケ地として使われるなど、ドラマで使われる病院も多々あります。

今後のドラマ

今後も医療系のドラマは人気が高いため、多くのドラマが撮影されていくと予想されます。
もちろん患者の方には迷惑にならないように撮影しているはずなので、その点は心配する必要はないと考えて良いです。

ドラマのシーンはよりリアルに描くことが重要となっているため、本物の医療機関での撮影が行われています。
もしかすると、近くの病院がロケ地になるかもしれません。
病院にとっては病院の知名度を高めることにも繋がりますし、その分映画のロケ地としての患者の信頼感も出てくるので、双方にとってメリットがあると言えます。
もちろん患者の方の中には、そういった撮影が嫌という方もいるかもしれませんが、その点は病院がしっかり管理してくれているので安心して大丈夫です。