病院と携帯電話

ss76_bbtach14172534-thumb-815xauto-14712

ルールを守ること

病院では、基本的に「携帯電話は使ってはいけない」という認識の方が多いのではないでしょうか。
一昔までは、携帯電話の性能もあまり良いとは言えなかったこともあり、利用に関しての病院側の心象も良くありませんでした。
しかし、近年は性能も向上し、利用に関してはエリアごとに決めている病院が多いです。

利用する場所とルールを守れば、携帯電話は非常に便利なものです。
それは患者側にとってもそうですし、医師や看護師にとってもそうであるといえます。
もちろん看護師の方などが職務中に携帯電話をするというのは良くありませんが、使い方によっては問題ない点もあります。

ある病院によっては、ルールをしっかり決めている病院もあるので、それぞれの病院に沿って使っていくことが必要となりますね。
もちろん働く側にとってもそうですし、患者として入院する場合なども利用に関しては十分注意するようにしておきましょう。
利用する時も、基本的なルールなどはしっかり守る必要があります。

待合室や病室の場合

待合室や病室は、他の患者の方やお見舞いに来た方もいる可能性が高いです。
そのため、利用することに関しては禁止してはいないもののルールとマナーをしっかり守ることが必要だと言えます。
病院によっては、待合室や病室は使用可能としているところも多いですので、利用者は注意しましょう。
以下のサイトでも詳しく解説がされていますので参考にされてみてください。
>>くらし☆解説 「病院で携帯電話 使っていいの?」 | NHK 解説委員室

基本的に食堂や廊下、エレベーターホールなどは医療機器が置かれていない場所に限り使用可能としている病院が多いです。
医療機器が近くにある場合は、基本的に何も書かれていなくても「1m以内では使用しない」という認識を持つことが重要となっています。
もちろん歩きながら使用したり、大声で通話したりするのは、他の人の迷惑になるので避けるようにしましょう。

手術室や集中治療室の場合

手術室や集中治療室の場合は、基本的に使用は不可能です。
また、カメラに関しては、患者自身のプライバシーにも関わりますし、医療情報の漏えい防止のため、全面禁止としている病院がほとんどです。
基本的に医療機器があるところでは使用するのを控え、マナーとルールを守って使うことが必要となります。

近年多くなってきているのが、若い層の入院時の携帯電話です。
お見舞いに来る方も携帯電話を利用することが多くなり、病院内全体の迷惑にも関わるようなマナー違反をする方もいます。

若い層の方は、生活の一部として携帯電話を使っているので、使うのが当たり前になってしまっている方も多いです。
しかし、だからこそしっかりとしたマナーとルールを身に付けるようにすることが重要なのではないでしょうか。
ルールとマナーをしっかり守って、基本的に病院では使わないようにすることが重要です。